MENU

バイアグラの連続服用はハイリスクです

 

日本人でも気軽に手に入れられるED薬といえばバイアグラです。
ED薬の代名詞的製品であり、国内外を問わず、今ではたくさんの男性消費者に愛用されています。
僅かな待ち時間で性交渉に必要な維持力を得られる利点が最も評価されており、
夫婦のセックスレス解消に役立てられたり、男性のトラウマ改善に重宝されているのです。

 

バイアグラを飲むタイミングですが、性交渉を開始するぎりぎりが最もベターになります。
時々、性交渉を始める半日前から服用する方々がいますが、
例えば、夜にデートする日だと過程した場合、当日の朝や昼頃にバイアグラを飲んでしまうと、勃起力を改善する効果が夜まで続きません。

 

ED薬として有能なバイアグラですが、その作用時間は五時間から六時間です。
必ず服用する際は時間を逆計算し、急いだ場合でも性交渉の1時間前に服用しましょう。
そして朝や昼にバイアグラを飲んでしまった時は残念ですが、その日の間は服用をやめなければいけません。

 

ED薬は銘柄に関係なく、連続使用が固く禁じられています。
一日1錠が限度であり、2錠以上服用すると、最悪の場合、命に関わるトラブルが見舞われます。
また朝に1錠、夜に1錠といった風に時間を広く空けていたとしても、
頭痛や吐き気、筋肉痛、倦怠感やイライラ等の副作用が非常に激しく生じるため、ハイリスクな体調不良に遭遇します。