MENU

男性用ED治療薬のバイアグラの正しい服用量

 

バイアグラとは世界で初めて製品化されたED治療薬です。保険適用外の薬に分類されるので、どの医療機関で処方を行っても自費診療となります。バイアグラの有効成分シルデナフィルは、元は狭心症の治療薬の開発されていましたが、偶然にもシルデナフィルにEDを改善する効果があることが判明し、結果ED世界初の治療薬が誕生する事になりました。
日本で承認を得ている規格は25mgと50mgの2種類ですが 日本以外では100mgが認可されている国も多く、もしも100mgを入手したい場合は海外からの個人輸入を行うという手段が存在します。ただし、個人輸入では偽造品や粗悪品を販売される危険性もあるので、自己責任で購入する必要があります。日本では1日25mgか50mgの1錠が正しい服用量とされ、性行為の約1時間前に飲みます。効果は20分から1時間程度で現れ、使用者の体質や体格、胃の内容物の有無でも作用や効果が変化します。肥満体型の人は、標準的な服用量では満足いく効果が得られない場合があり、そのような時は体重を落としてから使用する事をおすすめします。肥満はEDの原因の一つでもあり、肥満解消がED解消に繋がるケースも見られます。